経営コンサルタントと、資格取得のすすめ


経営コンサルタントは、中小大手問わず経営をサポートするお仕事です。

が、実は経営コンサルタントを名乗るのに、特に資格が必要なわけではありません。
しかし、会社の存続、成長に責任を持つ経営者の方にとって、経営コンサルタントを選ぶ際は、「適当に選んでいる」訳ではありません。
実績、保持資格、経歴、、、経営コンサルタントを信頼する為、コンサルタントに自分の会社を任せると言っていいほどの情報提供をするため、いろいろなものが必要になります。

そして、実際に業務を行うにあたっては、幅広い知識、常に新しい情報を収集する行動力やアンテナ、そしてコミュニケーション能力、さまざまなものが必要になります。
経営コンサルタントとしてやっていくには、努力だけでは足りません。
その人が持っている素養・才能も必要です。

しかし、「保持資格」だけは、努力で何とかなる範囲です。

もちろん、経営コンサルタントに必要な資格はありません。
が、持っていて信頼される、いろいろな業務が可能になる資格は存在します。
また、資格の勉強を通じて、その分野の深い知識や理解を得ることも出来ますので、経営コンサルタントをされている方も、今から目指す方も、資格方面に努力されて、損はありません。

代表的なのは、中小企業診断士、経営士でしょう。
その他にも、社会保険労務士、公認会計士、税理士、そういった資格取得の勉強をしても損はありませんので、ぜひ資格取得をご一考下さいね。